2018年11月の世界大会の参加要請のために、鹿児島商工会議所、行政からなる南米訪問団の結団式を開催しました。訪問団は鹿児島商工会議所役員や鹿児島県職員、鹿児島県市長会からの推薦を受けた鹿児島市職員など7名が参加し、12月19日から26日にかけてブラジルとアルゼンチンの鹿児島県人会を訪問、世界大会の参加要請を行います。結団式では、岩崎会頭の挨拶の後、参加者の紹介、今回訪問団の団長となる川畑孝則鹿児島商工会議所副会頭の挨拶などに続き、各県人会に手渡す岩崎会頭の親書の伝達式も行いました。

(記事一覧)